コンピテンシー

コンピテンシーとは

コンピテンシー、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
コンピテンシーとは「能力」という意味がありますが、企業などの人事においては「優れた業績を上げている人の行動特性」といった意味で使われることがあります。

よく「仕事がデキる人はココが違う!」というような特集記事などを目にすることがあると思いますが、もしこれらの記事で仕事がデキる人の行動パターンなどがまとめられているのだとすれば、これはコンピテンシーについてまとめられた記事と言って間違いありません。

そもそも、人事の世界でコンピテンシーという言葉が使われるようになったのは、1970年代に米ハーバード大の心理学者・マクレランド教授らが、外交官の業績格差についての調査を行った際に「高い業績を上げる人には共通の行動特性がある」ということを発見し、これを「コンピテンシー」と呼んだことに由来します。

デキる人にはコンピテンシーがある、逆に言えば、コンピテンシーを持つ人は、仕事がデキる、ということになります。

 

コンピテンシーの実践

企業などが採用時に行う試験のひとつに、一般常識や基礎学力、性格診断などを含む適性検査があります。

この適性検査で、企業が重視する項目というのは企業ごとによって異なりますが、多かれ少なかれ、職種ごとに異なるコンピテンシーについては、チェックがされていると考えてよいのではないでしょうか。

職種ごとに異なるコンピテンシーが何であるのかというのは、採用担当者でなければ知り得ることはありませんが、もしどうしても希望する職種に就きたいというのであれば、その職種に共通するコンピテンシーを考えてみると良いのではないでしょうか。

またすでに仕事についているという人であれば、自身の能力をさらに向上させるために、自分にはないコンピテンシーを実践してみるのもオススメです。

わかりやすい方法としては、身近な上司、あるいは同僚などの仕事の良いところを真似してみる、資格などを取得してみるといった方法です。