名刺の扱い方

名刺交換のマナーも第一印象の一つ

どんな会社でも新入社員研修の時には、名刺交換の仕方や名刺の保管方法など、営業マンでなくても名刺マナーについての講習が行われるでしょう。

事務職ではあまり名刺交換をすることはなくなりますが、営業や接客業にとっては必須となります。

これも相手にとっては第一印象につながりますから、外すことはできないマナーです。
名刺は自分の名刺入れにきちんと入れ、自分の名刺をシワや折れ曲がりのないように持ち歩くことが鉄則です。

まず、名刺の受け渡しから説明します。
名刺交換は、お互い面と向かって立って行うものですが、テーブルで向かい合ってから始まる場合もあるでしょう。

その時も、テーブル越しに渡さないことです。テーブルの横に回って直接向かい合ってしましょう。
相手が取引先や目上の方である場合は特に、相手の名刺より低い位置で渡すことが重要です。

目下(または訪問者)から目上の方(または取引先)へ渡すのが順番で、名刺は両手で持って渡し、会社のロゴや相手の名前に指をつけないように受け取ります。

次に受け取った名刺について。すぐ失礼する場合は名刺入れにきちんとしまい、テーブルで商談をする場合には、自分の左側に受け取った名刺を置くようにし、名刺入れの上に役職の高い方を置き、それ以外の方は順番に並べていくと良いでしょう。

 

 

スマホやタブレットでの名刺管理も一般化

持ち帰った名刺の管理ですが、以前はファイルにまとめてという形が一般的でしたが(今でもありますが)、人数が多くなればなるほど管理が大変ですので、外を出歩く営業マンなどは、外出先でどんな方のデータでも取り出せるように、アプリやスキャナで名刺を読み込んでデータ化したりして、スマホやタブレットで名刺管理をする方法が増えています。もちろん、名刺自体の管理もしっかりとしておかなければ、万が一、データが消えてしまうと大変ですから、ペーパーでの保存もきちんとすることも重要で、ビジネスマンとしての管理スキルが問われるでしょう。