教育の適性検査

教師の適性検査

普段の生活の中で、人から何か物事を教えてもらうとき、教え方がうまい人とそうでない人というのがいますね。

教える側と、教えられる側の相性のようなものもあるのかもしれませんが、実は人に教える能力が優れている人とそうでない人というのがタイプ的に分かれているようです。

教育に関連する職業というと、代表的なものは教師が挙げられますが、たとえば教師に向いている人というのはどのような適性を持った人物なのでしょうか。

製造業やサービス業といった企業に就職する場合、採用試験で適性検査というものが行われますが、教師になる際にも採用試験で適性検査が行われることがあるようです。

その場合、重視されるのは、どのような項目なのでしょうか。多くの企業で、適性検査が行われているにもかかわらず、その結果で重視する適性というのは、企業によってさまざまです。

サービス業であれば対人対応力などが重視されるなど、ある程度の傾向はありますが、対人対応力が弱いからといって、必ずしも不合格になるというものでもありません。教師をはじめとする教育業についても同様です。

 

教師に必要な能力とは

ちなみに、教師の適性検査として、たとえば「大人と話をするよりも子供と話をするほうが好き」というような問題があったとします(実際はこのような直接的な問いはなかなか出されませんが…)。

子供を相手にする教師という職業においては、子供が好きなことは絶対的な条件ですから、子供と話をするほうが好きな人のほうが教師に向いていると思われがちです。

しかし、実際には教師は子供だけでなく、同僚の先生や、上司にあたる教頭や校長、また生徒一人一人の保護者に対して対応をしていかなければならない場面が多いものです。

そのため大人と話す能力、すなわち全般的なコミュニケーション能力の高さというのが重要になってくるのです。

もっとも、大人と話すのがちょっと苦手…という人も、教師になれないわけではありません。子供にしっかりと向き合っていける人ならば、大人と向き合うことも必ずできるからです。