製造業の適性検査

製造業の採用試験

企業の採用試験では、書類選考などのほかに面接や適性検査が行われます。
工場など製造業の現場で働く場合にも、やはり一般的な企業の採用試験と同じような適性検査が行われることが多いです。

どんな企業の採用試験においてもそうであるように、製造業の採用試験においても、適性検査で重視される項目というのはその企業ごとにことなります。

ただし、ほんのわずかなミスも許してはならない工場などでの作業に従事する人材を探す場合には、集中力や几帳面さなどの能力が求められる傾向が高いようです。

工場をはじめとする製造業の適性検査では、学力を問う能力試験では簡単な計算や一般常識が問われることが多いようです。

ただし、大卒の新卒採用に対して課せられる能力試験よりも、簡単な内容のものが多く、少しトレーニングすればすぐに高得点を得られるようなものがほとんどだといいます。

 

製造業で求められる能力

一方、性格検査、資質検査などと呼ばれる内容の適性検査では、製造業の場合「集中して作業ができる力」や「細かなところにも気が付く丁寧さ」などが求められることが多いようです。

一般的な適性検査とは別に、単純な作業を繰り返し行ったり、たくさんの文字の中から間違っている一文字を発見したり、実際にその工場で行われている作業に似た作業をしてみるというような、オリジナルのテストが行われることもあります。

本当は大雑把な性格なのに、工場で採用されたいがために繊細で丁寧な性格の人物像になりすまして(!)適性検査を受けるような人もいますが、適性検査ではいくつもの質問が形を変えて何度も行われることがほとんどですから、よほど入念に人物像を作り上げて臨まないと、検査で矛盾のある結果が出てしまい、かえって悪い印象を与えてしまうこともあります。

それに、万が一偽りの人物像で採用されたとしても、実際に働いていくうちに本来の自分と製造業との間に違和感を感じ、結局すぐに仕事がいやになってしまうなどということにもなりかねません。

また、ただ単に集中力や丁寧さがあるだけでもダメで、工場で円滑に働いていくためのコミュニケーション能力を何よりも重視するという企業がほとんどです。