適性検査の問題

採用試験と適性検査

企業の採用試験で、かなり多く取り入れられている筆記試験。単純に学力だけを調査する学生時代の試験とは違い、採用時の筆記試験は一般常識や基礎学力、性格診断などが含まれている場合が多いです。

企業側は、この筆記試験の出来によって、応募者が募集職種に適しているかどうかを検討します。

そのため、採用試験で行われる筆記試験は、適性検査などと呼ばれることもあるのです。

筆記試験・適性検査の問題は多くの企業が利用しているといわれるSPIのほか、TG-WEBや玉手箱などがありますが、もっとも一般的なSPI試験では、どのような問題が出されるのでしょうか。

 

SPIの種類と問題

SPIは、リクルートマネージメントソリューションズ社が提供する適性検査ですが、SPIからSPI2、SPI3といったバージョンがあります。

現在最も新しいバージョンはSPI3ですが、企業によっては古いバージョンのものをそのまま使っているというところも少なくありません。

ちなみに、これらSPIの中にも、さらに細かな分類があり、SPI-Gと呼ばれる中途採用者向けのものやSPI-Uと呼ばれる大学生の新卒採用向けのもの、SPI-Hと呼ばれる高校生の新卒採用のためのテストなどがあります。

さらに、これらの試験を短くまとめたものや、専門的にしたものなどもあるため、ひとくちにSPI試験といっても企業によって使用する試験問題は異なっていることも多いです。

しかし、いずれのSPIも、大まかな出題内容としては、言語分野、非言語分野、そして性格検査という3つの分野に分かれているのが基本です。

言語分野では、語句の意味や文章の内容を問う国語的な問いが、非言語分野では数学的思考が問われる問いなどが出題されます。

そして性格検査では日常の行動や考え方について問われるというパターンです。

いずれも、それほど難解な問題ではないのですが、ある程度問題慣れしていないと時間内に終えることができなかったり、非言語分野の問題の出題が多いことから数学が苦手な人などは特に苦労する傾向があるかもしれません。