適性検査の対策方法

適性検査と対策

就職試験などで使われることが多い適性検査。

筆記試験や採用試験、SPI試験などという名前で呼ばれることもありますが、ほとんどの場合は企業がその人の職種や職場への適性をチェックするための目安として使用します。

問題の内容は企業によってさまざまですが、一般常識や国語・算数などの基礎学力のほか、性格検査などが含まれていることが多いです。

このような適性検査は、応募者のもともとの素質や性格を見極めることを主として実施されるため、人によってはわざわざ適性検査の対策などする必要はないという場合もあります。

特に、性格検査の部分は心理テストに近いようなものも多いため、中途半端に対策をしてしまうと、本質と異なる検査結果が出てしまうことがあり、企業に不信感を持たせることにもつながりかねません。

それに、性格検査はうまく作られているので、どんなに理想的な回答をとったとしても、知らず知らずのうちに本質が浮かび上がってしまうものなのです。

 

適性検査の傾向を知る

しかし、実際に適性検査で不合格になったという人を見てみると、その多くは「準備不足」であることがわかります。

これは、適性検査のなかの知識や学力を問う部分(性格検査以外の部分)の準備が足りていなかったということが一番の原因となっているようです。

適性検査の中の学力を問う問題は、それほど難解なものではありませんが、問題の分量が多いことや、非言語分野と呼ばれる算数・数学的な技能を使う問題に関してはかなり得意・不得意に差が出てしまうため、全く対策をとらないで試験に臨むと、不正解が増えてしまったり、時間が足りなくなってしまったりするのです。

そのため、あらかじめ適性検査対策をとって試験に臨んだ人との差が大きく開いてしまうことになります。

適性検査の対策として、もっとも効率が良いのは、やはり1冊でも問題集を持って、適性検査の傾向を知っておくということがあります。

企業によって利用される適性検査は異なりますが、その傾向は大体似通っています。